素人では分からないから、着物買取は業者に

よほど勉強して着物に詳しい人ならまだしも、素人には着物の価値は難しくて分かりにくいです。「チェーン店で数千円の浴衣と同じような乗りでタンスの着物をゴミに出したら、実は数万の価値があるものだった」ということになったら笑い話にもなりません。母親や祖母の着物で、もう価値を訊ける相手もいない場合には着物買取業者に査定してもらうのがいいでしょう。この場合も、きちんと価値が分かるスタッフしかいないような業者を選ぶのがベターです。着物を着るときの小物なども、意外と価値があったりするので同時に査定してもらいましょう。着物買取業者の中には、出張査定をしてくれるところもたくさんあるので、タンス丸ごと見てもらうことも可能です。家中のあちこちに着物関連のアイテムをしまい込んでいるような場合、全部一度に見てもらえるようまとめておくと慌てません。こんなもの価値はないかも、というような部品でも、素人判断せずプロにお願いしましょう。